女性 育毛

ヘッダー

髪の毛に傷みのないカラリーングとは?

    

今回は、髪の毛に傷みのないカラリーングとは?というテーマで書いていきます。

髪の毛というものは、判りやすく考えると、健康な状態は新品のタオルだと思うと良いかもしれません。
新品のタオルはなめらかで心地よいですが、水分をなかなか吸収しません。

 

幾度も使って洗ううちに、水分を良く吸いますが、だんだんと滑らかさやふんわり感がなくなってきます。
その状態が、髪の毛にパーマをかけたり、カラーを施した状態です、
何度も繰り返し洗濯したタオルは毛羽立ちしてざらっとした感触になります。

 

髪の毛に傷みのないカラリーングとは?

 

髪の毛に傷みのないカラリーングの為に市販のモノは避けておいた方がいい

 

この状態を化学的に引き起こすのがパーマやカラーの際に使用する薬剤です。

こうしてざらつき感を出したタオル(=髪)は、水分(=パーマやカラーの薬剤)

をよく吸収するようになるのです。
最近は手軽にドラッグストアでカラーリング剤を購入することができ、

自分でカラーを行う人が増えています。

 

ただ、髪の毛に傷みのないカラリーングという点では

この方法は疑問が多いのも確かです。

 

この方法は空いた時間にさっとできるし、手軽で安く仕上がるのでとても便利なのですが

専門的な知識がなくとも誰でも簡単に使用できるよう、薬剤も強いものが使われていますし、

使用方法もなかなか説明書通りには行っていないことが多いものです。
同じように、毎回タオルをクリーニングに出せば、その分新品同様の滑らかさや手触りを

長時間保つことができますが、自宅で他の洗濯物と一緒に普通に洗っていればあっという間に

新品の手触りがなくなってしまいます。

 

これが、セルフカラーと美容室でのカラーやパーマとの違いになります。

 

 頭皮や髪の事を考える場合には、気軽に自分で行うよりも専門家に任せたほうが良いですし、

市販されているカラー剤には強いアレルギー反応を起こすものもありますので、

できれば美容室での施術が良いでしょう。

 

 

 

髪の毛に傷みのないカラリーング同様に気をつけるヘアケア

 

このタオルの話は、シャンプー等にも当てはまります。

強い洗剤で繰り返し洗ったタオルは、すぐにボロボロになってしまいます。

この状態が、石油由来の洗浄剤で洗った髪の毛です。

また、洗い上がりの良い洗剤でふんわりと仕上がった状態がアミノ酸系の洗浄剤で洗った髪の毛です。

 

これに、さらに柔軟剤を加えたとしたら、それがシリコンの入った

シャンプーやリンス、コンディショナーになるのです。

 

もちろん、強い温度のアイロンをかけたり、乱雑に扱うとタオルはボロボロになります。

これが、ドライヤーを強く当てたり、濡れた髪のままで眠ることに繋がります。

いつまでも新品同様のタオルと同じように、心地よい肌触りや滑らかさを保つために

、髪や頭皮の事を考え、シャンプーを選び、ヘアケアを行うことが大切です。

自宅でヘアカラーをする場合には?「黒茶のチカラ」について

 

ただ、忙しくて美容室にいけなくて

自宅で白髪などを染めたいという場合には、天然由来の安心できる成分の

カラーリングをおすすめします。

 

私が知っている中では「黒茶のチカラ」という商品は

仕上がりと頭皮への優しさでは、おすすめできるかと思います。

 

黒茶のチカラの画像

 

黒茶のチカラはその名の通り、お茶の成分で髪を染上げるものですので、

この手のカラーリングでは、ダメージも少ないと思われます。

 

ヘアマニュキュアですので、持ちはそこまで期待できません。

 

但し、美容院と美容院の間の橋渡し的な役割としては

とてもいいと思いますし、美容院のヘアカラーよりは

頭皮や髪のへの負担は低いです。

 

⇒ 黒茶のチカラのレビュー

 

また、上記で書いた様にどの様なヘアカラーでも

アレルギーは絶対避けておくべき事ですので

必ず使用前にはパッチテストをおすすめします。