女性 育毛

ヘッダー

頭皮のマッサージでヘアケアする効果

    

シャンプーを行うときには、髪を洗うのではなく頭皮を洗うことが大切だとお話しました。
今、伸びている髪自体はすでに死んだ細胞の塊なので、痛んでしまい、切れ毛や枝毛になった部分は切る

他にはケアする事ができないのです。
もちろん、枝毛修復を謡った商品も数多く出てはいますが、シリコン等で切れ毛や枝毛を固めてしまうものが殆どで、基本的な改善にはつながりません。
今はカラーやパーマなど、様々な髪型でファッションを決める時代になっていますので、

当然、カラーやパーマで髪が痛んでしまうのは仕方のないことです。
痛みに負けない髪の毛を保つためには、髪の毛が生えてくる大元の頭皮の手入れが一番大切なのです。
頭皮にトラブルがあれば、当然髪の毛も元気なものではありません。

頭皮マッサージ

 

なぜ、頭皮のマッサージがいいのか?

 

その為には、できるだけ肌に優しいアミノ酸系のシャンプー等を使って頭皮を清潔に保つことも大切ですが、

日ごろからの心がけも大切です。

まず、シャンプーする時は「髪を洗う」のではなく、「頭皮(肌)を洗う」事を心がけましょう。
濡れた髪はキューティクルという、髪の毛を覆ううろこ状の組織が開いた状態になります。

その時に、強い力で髪を洗うと、当然、髪が痛む原因になります。
元気な髪の毛は健康な頭皮から生えるのですから、頭皮の汚れを落とすことを心がけ、できるだけ指の腹でマッサージするようにして洗うようにしましょう。指の力が入りにくい人や、おしゃれで爪を伸ばしている人には、

シャンプー用マッサージブラシも販売されているので、これらを使ってみるのもいいでしょう。

 

頭皮のマッサージは血流を良くする

 

髪の毛は血液から作られますので、頭皮の血行が悪くなると当然髪の毛も弱々しいものになります。
肩が緊張して肩こりを引き起こすように、頭皮にも「凝り」があります。試しに指で頭皮を動かしてみましょう。
大きく動けば頭皮は凝りが少ないのですが、硬くなっていれば注意が必要です。

日ごろからシャンプーをする際に、髪の生え際から頭頂部へと順々にマッサージするようにして

洗うことを心がけましょう。

この頭皮のマッサージには、元気な髪の為になる他に、2つの利点があります。

 

1つは、頭皮をよくマッサージすることで、頭全体の血行を良くするため、顔のしわを伸ばす効果があります。

 

もう1つは、長年の肩こりだった、と思っていたものが、実は頭皮の凝りから来ていたもので、肩こりの解消になることもあります。
パソコン等をよく使うようになった現在では、このシャンプーの際のマッサージは一石二鳥どころか
、三鳥も四鳥も効果があるので、是非毎日実践してみて下さい。